スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    パークチョン 

    研修2日目。

    モー・チットからイサーンの入り口、
    コラート(ナコーン・ラーチャシーマー)行きのバスに乗る。
    パークチョンまではおよそ2時間。

    バスの中はガンガンエアコンが効いていて、
    鳥肌が立つ。
    そしてこれでもかーって言うぐらいの大音量で、
    タイポップスが流れている。

    皆眠ているんだから、わざわざ流さなくてもいいのに・・・

    昨日から一睡もしていない体は、
    気がついたらウトウトしていた。
    でも大丈夫。
    ちゃんと行き先をバスガール※に言っておいたから、
    安心して眠りについた。

    これが間違い。

    なんとバスガール、忘れていたのか気まぐれなのか分からないが、
    パークチョンに着いても私を起こさなかったのである!!

    じゃあ、どうなったかって?

    そこは生まながらのラッキー男??、
    乗車券チェックが入ったのがたまたまパークチョン
    係員にここで降りろといわれて、下車。
    無事にパークチョンに到着したのでありました。

    時計を見たらまだ9時前だったが、
    移動の疲れがたまっていたのと、
    カオヤイへの移動方法や宿泊所など何にも知らなかったので、
    パークチョンで1泊することにする。

    これも運よく街の中心に宿を見つけることができ、
    そこに泊まることにした。

    宿にチェックインしたら急に疲れがどっと出て、
    ベットの上でしばしお休み。。。

    このまま引きこもり生活に入ろうかとも思ったが、
    今回の研修は2週間と時間が無い。
    疲れた体にムチをうち、とりあえず飯を食べに行く。

    腹が減っては戦はできぬ。

    そのとおり。
    プラプラ街を歩いて、人が入っている店に決める。

    もつスープ
    もつスープ

    これは美味かった~
    あっさり目のスープに、モツがあう。

    「おいしゅうございました」

    でもこれだけじゃ足りなかった(タイに入ってから初めてのまともな飯)ので、
    もう一軒はしごする。

    バーミー
    バミー・ナム

    バミーは麺の種類。日本の中華麺とほぼ同じである。
    ナムはスープありの汁ソバの意。
    つまり、汁ソバ中華麺といったところか(そのまんま)。
    こちらも

    「おいしゅうございました」

    って、食べてばっかり。


    続く


    ※バスガール:バスガイドではないが、
           飲み物やお絞りサービスをしてくれる人



    ~~~~~メモ書き~~~~~~
    パークチョンへの行き方
    モー・チットからコラート行きのバスに乗る。
    1時間に1本ぐらい。
    普通バス   所要3時間 値段不明
    エアコンバス 所要2時間 130Bぐらい

    パークチョンの宿
    『Phubade Hotel』
    パークチョン中心街にある。
    シングル/ダブル  190B
    水シャワー・トイレ 付

    パークチョンにはあまり宿は無いので、
    名前を言えば大抵の人は知っている。


    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kohhide.blog59.fc2.com/tb.php/119-4b84acab

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。