FC2ブログ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    いよいよ カオヤイ 

    研修2日目 続き

    腹ごしらえをした後、
    せっかくなので「カオヤイ国立公園」まで日帰りで行ってみることにした。

    宿のお姉さんの話だと、
    国道沿いの「セブン※」前からソンテウ(乗り合いバス)がでてるらしい。
    街をプラプラ探索がてら、
    ソンテウ乗り場を探す。

    バイタクのおじさんに乗らないか?としつこく迫られるが、
    「カオヤイに行きたい!」
    と言うと、手を振ってあっちだと指を差す。

    おかげでほどなくソンテウ乗り場を発見できたのだが、
    結構遠いってことなのね。

    ソンテウからパクチョン
    ソンテウから街を

    タイといったら「トゥクトゥク」が有名だが、
    よく見るのはバンコクやチェンマイなどの一部の大都市だけ。
    ほとんどの地方都市で「市民の足」と言ったら、
    この「ソンテウ」のことを言う。

    ソンテウ
    ソンテウの中

    ちなみに大抵のソンテウは、
    ピックアップトラックの荷台部分を改造して作られている。

    30分ほど待ち、いよいよ出発。
    と、走っている車に一人のファラン※が飛び乗ってきた。
    「ホセ」
    の登場である。

    彼は去年もこのカオヤイに来たらしく、
    いろいろなことを教えてくれた。
    超ラッキー!!

    カオヤイへ
    カオヤイへの道

    車窓からの眺めがどんどん変わっていく。
    ただ辺鄙なところという感じは無く、
    なんだかリゾート施設が多く見受けられる。
    バンコクからそう遠いわけでもないから、
    さしずめタイの軽井沢といった感じなのだろうか。

    30~40分ほど乗っただろうか。
    運転手から「降りろ」といわれ、
    30Bを払った。

    ゲート
    カオヤイ国立公園ゲート

    いよいよ今回の目的地に着いた。
    ゲートで入園料を払おうとすると、
    前にいたホセが

    「oh~~~!!」

    となにやら騒いでいる。
    どうしたのか彼に聞くと、

    「入園料が400Bに値上がりしている。
      去年来たときは200Bだったのに、高い~~~!!」

    確かに近年のタイの物価上昇率は、
    かなりのものだと聞いていた。
    でも400Bって今日の宿代、2泊分だぞ・・・

    そしてこの入園料、
    一度出たらまた払わなくちゃいけないんだって・・・

    ガックリ。

    でもここまできたし、帰るのもね~
    しぶしぶ400B払ってとりあえず行ってみることにする。
    係官に
    「この先の移動手段は何があるの?ソンテウとか??」
    と質問したところ、

    「無い!!ヒッチハイク!!!ノープロブレム!!!!」

    「・・・・・・・・・・。。。。」

    続く


    ~~~~~~~メモ書き~~~~~~~~
    カオヤイ国立公園への行き方

    パークチョンから乗り合いソンテウが、
    1時間に1本ほど出ている。
    国道沿いのセブンイレブン前。
    「カオヤイ」と連呼していたら、
    教えてくれる。
    カオヤイ方面のみ看板が立っている


    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kohhide.blog59.fc2.com/tb.php/120-b3379346

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。